[独立人募集] [前の独立人へ] [バックナンバー] [次の独立人へ]
 

好きを仕事に
若さあふれる情熱の経営

有限会社文字工房赤岸 代表取締役
赤岸 恵

PROFILE
あかぎしめぐみ/1978年東京都生まれ。両親とも書道家、そのため子供のころより書道と本が好きで、東京芸術大学、大学院と書道教育関係に進学。在学中には、中国留学を経験。卒業後、好きな本作りに関係した仕事がしたいという思いをかなえるため、DTPエキスパートの資格を取得し、印刷関連の会社に就職。しかし、もっと自分がやりたい仕事がしたい、と1年で退職し2002年2月有限会社を設立し独立する。

 
 
 

きっかけは「好きを仕事に」
24歳で有限会社を設立し独立

 好きな本作りに関係した仕事がしたいということから、DTPエキスパートの資格を取得し、印刷関連(企画営業部)の会社に就職する。そこで、デザイン作業と営業の仕事をしていた赤岸さんだが、営業のほうが忙しくなり、深夜までの残業のため書を楽しむ時間がなくなり、次第に仕事内容に疑問を持つようになり、そこで、筆文字を活かしたデザインをしたいと思い立ち、自ら会社を設立することを決断する。

 
 

資金調達は自己資金
自分でやった設立登記申請

 決めてからの行動は早く、フリーでやるより会社組織にしたほうが信頼が得られると思い有限会社での独立を選択。有限会社に必要な資本金300万円は自己資金200万円、役員になってもらった父親から100万円を調達する。会社設立の手続きや登記も本を見ながら自分で行った。また、初めての決算も行ったと言う、本を見ながら決算報告書や税務署への申告書など、すべて自分で行い最後に税務署の窓口で間違っていないか確認だけしてもらったそうである。赤岸さん曰く「なんとかやれるものです」。

 
 

自分の部屋を会社に
独立への資源は熱意

 会社と言ってもとりあえず机とパソコンがあれば仕事は出来るからと、オフィスは自宅の6畳一間でスタート。しかし、子供のころからの貯金を設立で使い果たし1年後に結婚を控えていた赤岸さんは、どうしても結婚資金を稼がなければならなかった。そのために筆文字デザイン・筆耕・DTP(中国語も可)――つまり、私が出来ることをすべて融合して、なんとか仕事に結びつけたと赤岸さんは言う。知人や友人、時には大学の先生にも協力を依頼し無事、結婚式を終えたそうである。やはり独立の成否は仕事への熱意がものをいう。熱意さえあれば、資金難、経験不足だってクリア出来る。

 
 

事業内容は、筆文字デザイン・筆耕・DTP
書家の登録制人材バンク

 事業内容は、書籍・雑誌のタイトルや見出し、Web用タイトルロゴなどの筆文字デザイン、宛名や賞状、式次第などの筆耕、中国語DTPやデザイン・制作・印刷、名刺、ポスターなどのDTPを行っている。

 「すべてはお客様にHappyをお届けするために」を企業理念に掲げ、芸術性の高い書をより身近に日常生活の中に芸術性の高い書を広めていきたいと、虚カ字工房赤岸が現在行っているシステムが書家の登録制人材バンク、書家BANKである。

※虚カ字工房赤岸のホームページより参照
 

書家BANKとは

 「お店のロゴを頼みたい」「WEBのタイトルロゴが欲しい」「会の式次第を作って欲しい」など、多くの企業・店舗、果ては高校の同窓会まで、書の要望は多いものの現状では、品質も価格も様々である。

ひとくちに書道と言っても、芸術家から○○士といった民間資格取得者まで幅があり、頼んだのは良いが出来上がってきたら気に入らなかったり、非常に高額だったり、気軽に導入するには障害が多くあった。

 そこで、赤岸さんは、大学の書道科出身者という経歴を生かし、高い技術と幅広い知識を持った書の専門家ばかりを編成し、書にデジタルとDTPの融合することにより低価格から品質の高いサービスを提供できる書家BANKをスタートさせた。

 また、虚カ字工房赤岸のホームページ(http://www2.odn.ne.jp/akagishi/gallery.htm)では、サンプル筆文字を破格の1,000円から提供しているので、興味のある人は見てみよう。

 
 

がむしゃらにやった1年間
大変だけど大きな充実感

 24歳で独立してから1年は無我夢中で働き、いまのところ「若いから」とか「女性だから」という壁は感じたことはなく、独立してからは、すべてを一人でやらなければならないのは大変だが、自分で自分の時間を管理できる。やりがいは、以前と大違い。好きなことを好きなだけできる充実感があるし、新しい書体をデザインしているときなど時間を忘れるそうである。

 書の分野では、より多くのロゴデザインを手掛け、インテリアなどの制作にも意欲的に取り組み、またDTPの分野では、中国語組版を中心に制作して行きたいと考えていると今後の展開を赤岸さんは最後に熱く語ってくれた。今後の発展が非常に楽しみである。

 

 

 

会社概要

商号 有限会社 文字工房赤岸
代表者 赤岸 恵
本社所在地 〒272-0835  千葉県市川市中国分3-12-24
東京連絡所 〒144-0034  東京都大田区西糀谷2-27-7 A401
設立年月日 2002年2月12日
主な事業内容 筆文字デザイン・筆耕・DTP
資本金 300万円
営業時間 平日 AM10:00〜PM18:00   土日祝は定休
ホームページ http://www2.odn.ne.jp/akagishi/
 
[独立人募集] [前の独立人へ] [バックナンバー] [次の独立人へ]

じゃびら総合研究所
Japan Business Learning Research Institute,Limited, . All Rights Reserved