財界総理・陰の総理・経団連第2代会長・東芝社長  
  石坂泰三[いしざかたいぞう]  
  (1886〜1975)  
  1886年、東京に生まれる。1911年(明治44)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業、大学院にすすんで学業をおさめるかたわら逓信省に入省。その後第一生命保険社長矢野恒太にみいだされ、15年(大正4)に秘書として同社に入社。その後、同社支配人、専務をへて、1938年(昭和13)に矢野会長のもとで社長に就任、46年までつとめた。 第2次世界大戦後に公職追放されるが、その解除後、経営不振と労働争議にあえぐ東京芝浦電気(現、東芝)にむかえられ、1949年に社長就任。55年日本生産性本部(現、社会経済生産性本部)初代会長に就任、さらにその翌年には経団連第2代会長にも就任した。57年に社長をしりぞいて会長となる。  
  参考文献検索