三菱財閥の創業者  
  岩崎彌太郎[いわさきやたろう]  
  (1834〜1885)  
 

1834年(旧暦では天保5年12月11日)、土佐国安芸郡井ノ口村(高知県安芸市)に生まれる。名は寛、号は東山。1866(慶応2)年には藩の開成館貨殖局に勤務。維新後の1870(明治3)年10月から九十九商会という海運業を行う私商社の指揮者となる。同商会は1873年に三菱商会と改名し、岩崎弥太郎個人の企業になった。新政府の軍需輸送を独占して巨利を占め、全国汽船総トン数の73%を手中に収めた。これと並行して海運業からの多角化によって三菱財閥の基礎を築く。1885(明治18)年2月7日50歳で急逝。

 
  参考文献検索