電力王  
  福沢桃介[ふくざわももすけ]  
  (1868〜1938)  
  埼玉県川越に農家の子として生まれる。慶應義塾大学へ進む。在学中、福沢諭吉父娘にみそめられ入籍。諭吉の婿養子となる。大正3年に名古屋電燈社長となり同9年に大同電力を設立。堰堤ダム発電所をつくるなど「財界の鬼才」「電力王」と呼ばれた。  
  参考文献検索