東急グループ  
  五島昇[ごとうのぼる]  
  (1916〜1989)  
  1916(大正5)年8月21日生。
1954(昭和29)年5月6日、東京急行電鉄取締役社長に就任。
1956(昭和31)年1月31日、東急観光を設立。10月10日、東横興業(現:東急ストア)を設立。
1959(昭和34)年8月14日、五島慶太会長が死去。9月、武蔵工業大学理事長に五島昇が就任。11月11日、東急建設を設立。
1960(昭和35)年4月18日、五島美術館開館。
1961(昭和36)年3月1日、東急エージェンシーを設立。
1964(昭和39)年4月15日、日本国内航空(現:日本エアシステム)を設立。
1967(昭和42)年11月1日、東急百貨店本店が開店。
1968(昭和43)年6月1日、東急ホテルチェーンを設立。
1978(昭和53)年9月9日、東急ハンズ渋谷店が開業。
1982(昭和57)年10月1日、たまプラーザ東急SCを開業。
1983(昭和58)年3月2日、東急有線テレビを設立(現:東急ケーブルテレビジョン)。11月30日、「クレジット・イチマルキュウ(現:東急カード)」を設立。
1984(昭和59)年1月1日、東急ホテルチェーンが東京ヒルトンとの契約完了、「キャピトル東急ホテル」として営業開始。5月11日、日本商工会議所の会頭に就任。
1986(昭和61)年11月21日、東急総合研究所を設立。
1987(昭和62)年12月25日、横田二郎副社長が取締役社長に、五島昇社長が会長に就任。
1989(平成元)年3月20日、呼吸不全のため逝去。72歳。
 
  参考文献検索