阪急グループ創業者  
  小林一三[こばやしいちぞう]  
  (1873〜1957)  
  山梨県出身。慶應義塾大学卒後、三井銀行に入り、その後箕面有馬電軌(のち京阪神急行電鉄)の設立に参加。私鉄経営に新生面を拓きユニークなパンフレット広告や月賦販売を行い乗客を増やすため宝塚歌劇団、阪急百貨店、宝塚温泉、動物園を創設。大正7年社長就任。また、東京電灯会社、東宝社長を歴任。第二次近衛内閣で、商工相。  
  参考文献検索