電力の鬼  
  松永安左ヱ門[まつながやすざえもん]  
  (1875〜1971)  
  長崎県壱岐島で生まれる。明治45年に九州電燈鉄道を設立。西部瓦斯社長に就くなど九州の公益事業を手中におさめ、大正6年には九州財界のトップに立った。歴史家のトインビーの著作24巻の翻訳でも知られる。1971年96歳で逝去  
  参考文献検索