電通創業者  
  光永星郎[みつながほしお]  
  (1866〜1945)  
  1866年熊本に生まれ、共立学舎にて学ぶ。1901年光永35歳の時、政党などに属さない独立した通信社の必要性を強く感じ、通信社と広告代理業の2つ機能をもった日本広告株式会社を設立。1906年日本電報通信社(現・電通)を設立。1922年までに国内外に30の支局を設置。社員数も300人を越え、通信業務においてはロイター等の世界通信社に対抗した。1936年通信業務を同盟通信社に委譲し、以後電通は総合広告会社としての基盤を確立する。1945年敗戦直前、78歳でこの世を去った。  
  参考文献検索