講談社創業者、報知新聞社長  
  野間清治[のませいじ]  
  (1878〜1938)  
  群馬県桐生市の出身。県立尋常師範学校を卒業後、小学校の教師となる。その後、東京帝国大学文科大学臨時教員養成所にはいり、中学教諭の資格をえて沖縄に赴任した。1907年(明治40)に東京帝大法科大学の首席書記にむかえらる。09年に大日本雄弁会を創設し、10年には弁論雑誌「雄弁」を創刊。1911年には講談社をおこして「講談倶楽部(くらぶ)」を創刊。全国に雑誌ブームを巻き起こす。後に報知新聞の社長に就任、出版界の雄となる。  
  参考文献検索