トヨタ自動車創立者  
  豊田喜一郎[とよだきいちろう]  
  (1894〜1952)  
  発明王・豊田佐吉(自動織機)の長男として生まれる。発明王・豊田佐吉が三井物産の資金援助によって発明に専念出来たことから現在三井グループの一社。本家筋の他に佐吉の二人の弟・平吉と佐助。長女の愛子の婿養子・利三郎を豊田4家と言う。1933(昭和8)年豊田喜一郎が豊田自動織機製作所内に自動車部をもうける。1937(昭和12)年08月28日。豊田自動織機の子会社として平吉の長男・豊田英二と共に分離独立。  
  参考文献検索