ホームindex素朴な疑問Q&A!

素朴な疑問Q&A

◆定款で定めた目的以外の事業を行うのは違法か?

 

会社はその「目的」の範囲内でのみ人格を認められるので、範囲外の行為は会社の行為と認められない。したがって、定款で定めた目的以外の事業を行うのであれば、定款記載の「会社の目的」を変更しておかなければならない。
しかし、始めようとする業種が定款の「会社の目的」以外のものであっても、「本来の目的にとって、必要・有益な事項は目的の範囲内」というように、「目的」の範囲は一般的に非常に広く解されており、一見会社の目的と無関係な事項でも「目的の範囲内」とされることが多く、定款上予定されていない業種の事業を会社が新たに始めたとしても、裁判所が会社の行為を「目的の範囲外」と判断するケースはあまり考えられない。
しかしながら、定款上の「目的」を変更しておけば、同じ市区町村内で、同じ商号の会社が、新たにその業種を定款の「目的」に掲げることを防ぐことができるので、なるべく定款の変更をしておいたほうがよい。

 
 


 

 

 

当ホームページへのご希望、ご感想、ご依頼等は、ここまでどうぞ。
Copyright  1998 Japan Business Learning Research Institute,Limited, . All Rights Reserved