ホームindex素朴な疑問Q&A!

素朴な疑問Q&A

◆個人経営で従業員1人の場合、社会保険に加入する事ができるか?


社会保険は事業所単位で加入することになっていますが、次の2種類がある。

@強制適用事業所   ・・・法律上、必ず加入すべき事業所
A任意包括適用事業所・・・事業所の意思で加入できる事業所

「個人経営で従業員が1人」の場合、A任意包括適用事業所に該当するので、次の手続きによって、社会保険に加入することが可能。

・加入手続き
被保険者となる者の2分の1以上の同意を得て、事業主が「健康保険任意包括被保険者認可申請書・厚生年金保険任意適用認可申請書」を所轄の社会保険事務所に提出し、都道府県知事の認可を受ける。この認可を受けた事業所が任意包括適用事業所になる。

<注意点>

任意包括適用事業所になった場合には、今後、採用する「常時使用する従業員」は、すべて被保険者となる。事業主や従業員の任意で加入を決められないので注意が必要。任意脱退の制度があるが、被保険者の4分の3以上の同意が必要になる。事業主の都合だけでは辞められない。任意包括適用事業所になれば、強制適用事業所と同様に、被保険者の資格取得・喪失の届出や毎月の保険料の徴収・納入などの事務が発生する。

 


 

 

 

当ホームページへのご希望、ご感想、ご依頼等は、ここまでどうぞ。
Copyright  1998 Japan Business Learning Research Institute,Limited, . All Rights Reserved